So-net無料ブログ作成

外猫ファミリーのボス龍馬くん安らかに、うちのこアクセ・ストラップ写真 2016-02-03 [猫たちや生き物]

龍馬くん、安らかに
先日、溺愛猫的女人さまのブログ「溺愛猫的女人館」で龍馬くんという素晴らしい猫に出会いました。その矢先の訃報。龍馬くんは外猫ファミリーのボスで、右前脚を骨折してからも人間に頼ることなく身を隠して、ボス猫としての誇りを保ったままひとりで旅立ったそうです。何て偉いのでしょう。私たち人間も斯くあるべしと教えてくれた気がします。
怪我の治療の応援にと注文した"うちのこアクセ・ストラップ"ですが、龍馬くんを偲ぶ縁(よすが)になることでしょう。

迷った末に選んだ「うちのこアクセ」用の写真(齢順)
アメメ.jpg
近頃のアメメくんにしては凛々しい顔のやつ。
mitsuya家やニッキー家を見習って、欲しいだけ食べさせるようにしたからか、肉が付いてまいりました。食ったら出し^^;定期的に下痢が酷くなるのは相変わらずですが、それを上回る食い意地で体重増加。亀の甲羅のような背中の毛玉は内緒。
 
ノルくん.jpg
秋頃のノルくん。かつての貴公子然とした雰囲気が少しはうかがえる写真。
今はぼくとの共依存が嵩じて幼児退行が見られます。
 
みうめ.jpg
在りし日のみうめちゃん。
気位の高い彼女らしい口元のこの写真にしました。 
  
ちゃとらん.jpg
ちゃとらん兄さんですよ〜。少しでも威厳を感じさせるこの写真に。
いつものぐうたらぼんじゃあなくて、虎みたいでしょう(=^ω^=)

ふーちゃん.jpg
妹のふーちゃんもぶりっ子写真を選びました。
普段の女帝化した姿や画伯の顔より、こっちのほうが可愛いよ。
 
ぽこ.jpg
実家のシャム猫ぽこ様のストラップも追加注文。 
 
変顔や眠った顔も候補だったのですが、皆んなお行儀良いお顔ばかりに。
出来上がるのが楽しみです。
 
ところで、今冬はすっかり敷地内引き籠もりに。昨日の午後、亀甲郵便局に出かけたのが半月振りのバイク外出。帰途、スーパー「ハピーマート」に寄って食料品を買い込んだのが1月13日以来の買い物。牛肉、牛筋、豚肉、鶏肉、太刀魚、キビナゴ、豆腐、納豆、油揚げ、もずく、飛び魚の刺し身…etc4000円あまり。半月分の食材を確保。野菜の種類が乏しい今は毎日のキウイフルーツが貴重なビタミン源。
それにしても、ふーっ、人混みに疲れました。

厳寒を経験してから少々の寒さが平気になった。今朝もマイナス2℃で薄氷が張っていたのに、ちっとも寒くない。張り切って畑に菜っ葉(かき菜)を取りに出かけたところ、葉が凍みてパリパリで収穫不能。冬の収穫は昼間に限ります(^^;)

NHK「シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎」第三回「屋根裏の散歩者」を録画視聴。満島ひかりが明智小五郎。柔道家篠原信一が屋根裏の散歩者(^^;)。帝都物語の嶋田久作を思わせる容貌と、誤審が無ければ金メダルだった本物の体躯。不思議な世界を楽しめました。 
 

わがままではなく、ありのままに
都市の方も食材の自給を楽しみましょう
読んでくださってありがとうございます(=^・^=)
応援のクリックを押して戴けたらありがたいですm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
      
      
 

nice!(65)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 65

コメント 23

mitsuya

改めて見るとみうめちゃん、美形でしたね(*´ェ`*) 龍馬くんは残念な事をしましたね。溺愛さまも骨折を治療するのに一生懸命頑張られていたのに……。
by mitsuya (2016-02-03 21:09) 

ゆきち

龍馬くん、ボス猫らしい旅立ちだったのですね。
室内飼いのウチのですら、ケガをしていて病院に連れて行こうとすると、
全力で逃げて隠れますから、外猫さんはなおさら容易ではないと思います。
弱みを見せることは野生では死につながりますからね・・・。
一生懸命お世話をされていたご様子だけに残念です。
by ゆきち (2016-02-03 21:37) 

ojioji

mitsuyaさま、コメントありがとうございます
実はかつて、みうめの前にらんまくんという猫を短い期間預かっていたことがあって、ギリシア彫刻のような均整のとれた身体と美しい相貌の猫でした。龍馬くんを見たとき、らんまと雰囲気が似ていて。その龍馬くんのことを知った矢先の訃報、しかも孤高を保った立派な最期だったと知り、胸を打たれました。
みうめを思い出していただきありがとうございます。ぼくも今では温かい気持ちで偲ぶことが出来るようになりました。
by ojioji (2016-02-04 09:30) 

ojioji

ゆきちさま、コメントありがとうございます
龍馬くんのような死に方も良いなあと思いました。現代日本人やペット猫たちの過保護な生き方を否定するわけではありませんが、一方で、外猫のような人間の生き方も尊重したいものだなあと。特にお年寄りの死に方として。曽野綾子さんの「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』忘れてしまっていませんか?」という文章(週刊ポスト)が批判的に紹介されている記事を見たのですが、老人医療や介護の現状の不自然さを知るにつけ、曽野綾子さんの真っ当な意見や龍馬くんの立派な最期を尊重したい気持ちです。曽野綾子さんはネット生活とは無縁の方で、アカウントも持たれていないと聞きます。そんな彼女を、ネットのコメント欄や掲示板で、真意を汲み取る読解力も無いまま彼女の直截なもの言いの言葉尻を捉えて否定する人たちの貧しい心が気の毒です。例によって内容がそれてしまってすみません。
by ojioji (2016-02-04 09:30) 

ニッキー

みうめ様の美しく高貴なお姿はやはり別格ですねぇ(^O^)
アメメ様、確かにお顔がちょっとふっくらと^^
うちのアルと一緒にご飯を食べればきっと一気に貫禄がw
ビオフェルミン、体重7kgの圭太が一日1錠なので、アメメ様だと半錠くらいかな^^;
圭太はかみさんが猫缶でコーティングするとあっさり食べます^^;

龍馬くん、ボスとしての威厳を保ったままの最後、尊敬するとともにご冥福を心よりお祈り申し上げます。
by ニッキー (2016-02-04 15:37) 

ojioji

ニッキーさま、コメントありがとうございます
ビオフェルミン、以前アドバイスいただいた細粒のほうを調子を見て、混ぜて与えています。錠剤のほうが簡単そうですね。アメメはがつがつ食うから錠剤にしてみようかなあ。
みうめを褒めてくださって嬉しいです、感謝。
by ojioji (2016-02-04 22:14) 

amaguri

竜馬くん、最後に人を頼らなかったのが残念ですね。
みニャさん美形ですね。
今は電車通勤で都会に行かなくてもよくなったので楽ちんです。
たまに大阪に出かける時は「今までこんな事よく続けられたなー」と自分でもビックリです。
by amaguri (2016-02-05 16:08) 

のらん

龍馬さん・・・ 私は存じませんでしたが、
きっと野っぱらに生きる猫にふさわしい、尊厳ある最期を迎えられたと思います。
うちの子ストラップっていうのは、そのお写真がストラップになるのかしら?
みなさん、どれもいい写真で、出来上がりが楽しみですね(^.^)
by のらん (2016-02-06 11:52) 

まだらぼけえみ

猫ちゃん勢ぞろい、私も時々懐かしい猫ちゃんを
思い出します。
それにしてもすごい買い物、人間の胃袋ってすごいですね。
食べて生きる、だから野菜は自分で作ったものがいいですね。
by まだらぼけえみ (2016-02-06 17:00) 

yoriko

皆さん美男美女ですね〜☆
中でもみうめちゃんが好みです♡
凛々しいお姿^^

by yoriko (2016-02-08 18:03) 

toshi

アメメ君、凛としてますね。
みうめちゃんは、たしかに美形の猫ですね。
龍馬君は存じませんが、冥福をお祈りいたします。
by toshi (2016-02-09 07:00) 

てんてん

こんばんわ
ちょっと怪しい動きをしております。
ojiojiさんのブログを遡って
みうめちゃんの写真を見ていました。
連続してnice!を押してしまいました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
by てんてん (2016-02-12 19:14) 

月夜のうずのしゅげ

溺愛猫的女人館の
龍馬くんの記事を読みました。
本当に偉いですね。
by 月夜のうずのしゅげ (2016-02-12 20:07) 

MINERVA

みうめさん、やはり綺麗な顔立ちですね。
アメメくんの写真、結構眼力がありいつもと違う雰囲気ですよ。

by MINERVA (2016-02-13 14:56) 

ojioji

皆様へ
ブログの更新どころかチェックすらお留守で、戴いていたコメントの返事が今日になってしまったことをお詫びします。ノルくんとドラマ三昧の日々を過ごしておりました。
by ojioji (2016-02-14 21:02) 

ojioji

amaguriさま、コメントありがとうございます
自分が本当にしたいことが許されることならば、それをするのが幸せですよね。
自然はやっぱりいいな〜。ぼくは都会のコンクリートによる人工空間は苦手です。
自動車も乗り物酔いするので苦手。プリッツエル王子と同じです。
人を頼らない死に様も讚えるに値するかとm(_ _)m
by ojioji (2016-02-14 21:03) 

ojioji

のらんさま、コメントありがとうございます
ぼへ猫さんたちの生き様こそ全く自然な生き様だと思います。
やがては迎える死、長いか短いかにこだわりは無くなりました。
自然に迎えることが出来ないことが不幸かと。
アイゾウくんのことを先程知って、のらんさまの眼差しと彼の死に様を讃えます。
ストラップは、写真の顔の部分をトリミングしてもらいます。
by ojioji (2016-02-14 21:03) 

ojioji

えみさま、コメントありがとうございます
魚肉類は自給できなくて、月に二・三回買い出します。
過保護猫たちを見送ったら、鶏卵や山羊乳を自給しようと思っています。
が、わが身がいつまで長らえることやらです。
by ojioji (2016-02-14 21:03) 

ojioji

yorikoさま、コメントありがとうございます
亡きみうめに目を留めていただきありがとうございます。
彼女は本当に美しい雌で、猫らしくない、エリカ様でした。
by ojioji (2016-02-14 21:03) 

ojioji

toshiさま、コメントありがとうございます
「腹は下れど凛凛と生きる儂のことをわかってくれるお前には仏性があるぞ」とアメメがよくわからないことを申しております。
by ojioji (2016-02-14 21:03) 

ojioji

てんてんさま、コメントありがとうございます
あっ、昔の記事を訪れてくださったのですね。ありがとうございます。
久し振りに読んで、ぼく自身、懐かしく、みうめもいろいろなところに登場していたんだなあ、あの頃のほうがだいぶ脳内がまともだったなあと感慨深いです。今や脳猫化症で、長いセンテンスの思考が無理になりました。センテンス・スプリング萬歳(=^ω^=)
by ojioji (2016-02-14 21:04) 

ojioji

月夜のうずのしゅげさま、コメントありがとうございます
英国留学で漱石が辿り着いた自己本位の生き方は、自ずから然る生き方そのものなんだなあと、龍馬くんの死に様を知って思いました。現代文明で表面をいくら糊塗しようとも生老病死の前には原初的な感情と向き合うしかない気がします。何とか検診とかに予算を組む社会を嘲笑します。
by ojioji (2016-02-14 21:04) 

ojioji

MINERVAさま、コメントありがとうございます
みうめには特別の思いが今でもあります。死んだ身内よりも、大人になってから看取った猫のみうめのほうが余程心を占めている事実を表明するのは気分の好いものです。
「儂は元々眼力が売りだったのじゃ。せっかく桂離宮の近くに暮らしていたのにojiojiが遥々岡山くんだりに都落ちするものだから、儂もすっかり調子を崩したわけじゃ。こうなったら弁慶のようにカッと眼を見開いたまま死んでやろうかと」などとアメメが吠えております。
by ojioji (2016-02-14 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。