So-net無料ブログ作成
検索選択

故國崎誠一氏と尊厳死を称える、もぐるみベッドまねきねこ(=^ω^=) 2016-02-24 [猫たちや生き物]

ふーちゃんinキャティーマンもぐるみベッドまねきねこ
DSCF1412.jpg
ゆきちさまのところのこてつくんのもぐるみ姿があまりに可愛くて、Amazonで衝動買い。注文二日後には到着。流通革命。善か悪か。5280円。

巨大な段ボール箱のなかに、煎餅のようなまねきねこ。
ビニル袋から出して、立たせてやると、 
DSCF1394.jpg DSCF1399.jpg
わらわらと駆け寄るちゃとらんとふーちゃん。
ぼくたちが霊山観音(りょうぜんかんのん、京都市東山に昭和三十年に平和日本の建設と殉国の英霊並びに大戦による犠牲者の冥福を祈念するため、故石川博資により建立された大観音像、サヨクの諸君、豊葦原瑞穂の国を破壊する暇があったら斯様な善行に人生を費やした人もいるのだということを知りなさい、知ってもなお民主党や偽物維新の如き野合をする輩にはかける言葉も無し)や東大寺の毘盧遮那仏像に向かうが如き二頭。白猫大明神ならぬ黄猫大明神の降臨。 
 
DSCF1400.jpg DSCF1402.jpg
おっ、ちゃとらんが黄猫大明神の胎内に。
気分はお医者さんごっこ(=^ω^=)
肛門もとい膣内に身体を挿入。
スルッと子宮口に頭をくぐらせました。 
DSCF1403.jpg
覗く尻尾が、大明神の尻尾みたいで可愛い。
あまりの悍ましさに、村まで駆け降りるふーちゃん。
 
DSCF1411.jpg
異変を察知して村から様子を見に来た長老アメメ、
「何が面白うて、尻の穴に潜っておるのじゃ」 
 
黄猫大明神の胎内で、ちゃとらんがふーちゃんに量子転移。 

DSCF1421.jpg DSCF1422.jpg
この黄猫大明神もとい、もぐるみまねきねこ、
思っていたより、ふにゃふにゃで、ちゃちなつくり(^^;)
そこで、段ボールを貼り合わせて台座を補強。

早速、ふーちゃんが再び自らを挿入。
お尻にせよ腟口にせよ、下から入るのは変な感じ。 
 
DSCF1429.jpg
胎児に戻ったかの如き無邪気なふーちゃん。
まねきねこの口からの窃写。
 
DSCF1430.jpg DSCF1432.jpg
胎蔵仏と化したふーちゃん、何とありがたいことよ。
まねきねこさんのお尻から覗いた便塊とも(^^;)
 
DSCF1423.jpg DSCF1424.jpg
胎内で暴れるふーちゃん、
まねきねこ、もとい黄猫大明神さまと一緒に転がって、
とうとう台座が脆くも剥離(涙)
 
DSCF1439.jpg DSCF1415.jpg
アメメとふーちゃん、
「段ボール箱がいちばんだよ(=^ω^=)」

高価な買い物でしたが、半日遊べたので良しとします。
以上、親馬鹿譚でした。

わがままではなく、ありのままに
都市の方も食材の自給を楽しみましょう
読んでくださってありがとうございます(=^・^=)
応援のクリックを押して戴けたらありがたいですm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
軽減税率の導入に反対の意を表明し続けます
   

付録 森鴎外「高瀬舟」を思う
2月5日、埼玉県小川町の住宅で無理心中を図ろうと77歳の妻を殺害したとして83歳の夫が逮捕されましたが、夫は逮捕後、食事をとることを拒み続け、入院していた病院で23日死亡しました。

この事件は、2月5日、埼玉県小川町の住宅で國崎誠一容疑者(83)が、妻の恭子さん(77)の首を刃物で刺して殺害したうえ、自らの首や手首も刃物で切り付け殺人の疑いで逮捕されました。警察によりますと、國崎容疑者は調べに対して「認知症の妻の介護に疲れ無理心中をはかった」などと話していたということです。國崎容疑者は逮捕後にはほとんど取り調べに応じず、食事もとらなかったため、警察は医師と相談した上で2月17日、町内の病院に入院させていました。しかし、入院後も食事をほとんどとろうとしなかったため点滴などで栄養補給をしていましたが、23日午前10時ごろ、病院で死亡が確認されました。國崎容疑者を留置していた小川警察署は「本人はほとんど何も話さなかったので、なぜ食事をとることを拒み続けたのか理由はわからない。警察としても食事をとるよう説得していただけに、このような結果となり残念だ」としています(NHKニュースより)

このニュースに寄せられたコメントをいくつか紹介。

悲しいね・・・ 
この国はどこへ向かってんだよ。

こういう人達を助けず、外国人を助けるあったかい国 
なんの為の福祉、なんの為の税金だボケが

過保護的ぬるま湯的総ペット化社会の住人のいかにも発しそうな言葉。
どんな世の中になろうとも、幸せになれないタイプの人たちです。
一方で、

> なぜ食事をとることを拒み続けたのか理由は分からない。
心中しようとしてたのに理由がわからない?
警察は馬鹿なの。

こうゆう事案だけでいいから、安楽死認めさせてやってよ 
さすがに壮絶すぎるだろ、最後くらい一緒に逝かせてやれよ

妻を安楽殺して自分は座してただ死を待つのみ 
本物の侍だな

なんでこの国には安楽死がないんだろう 
世界で一番必要な国なのに

悲しい話しやね。
せめて、この人から殺人罪の罪をとってあげてほしいね。

真っ当な思いの人たちのコメントを読めてホッとしました。
このお爺さんとお婆さんの、ごく自然な人生の締め括りに、法律や警察が介入することの異常さに麻痺した現代都市人たち。アメリカから帰ってくるエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が一年前に言ってたじゃあないか、人生はアドベンチャーと。


nice!(64)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 64

コメント 28

toshi

猫さんたちが中に入れるぬいぐるみ、いいですね。
うちには小さなぬいぐるみしかありません。
by toshi (2016-02-25 05:46) 

ニッキー

もぐるみねこ、可愛いですよねぇ^^
ふーちゃんやちゃとらんちゃんがこんなに遊んでくれるなら、お値段お高めでもOK\(^o^)/
うちは潜る系は苦手なのできっと誰も入らないだろうなぁ・・・(*_*)
by ニッキー (2016-02-25 08:25) 

ojioji

toshiさま、コメントありがとうございます
今日もふーちゃんたちが転がしたり、お腹に入ったりして遊んでいます。
そもそもぼくがぬいぐるみを買うなんて考えられなかったことです。
by ojioji (2016-02-25 12:20) 

ojioji

ニッキーさま、コメントありがとうございます
潜る系、なるほどです。わが家ではちゃとらんがいちばん潜る系だと思います。
生徒のカバンやぼくの着ているシャツの中にまで潜ろうとします。
LAPHROAIGか余市を飲むよりは有意義だったのでしょう。
by ojioji (2016-02-25 12:20) 

mayu

外国にばらまく余裕があるなら、自国民を救済してほしいですね。
by mayu (2016-02-25 15:34) 

ぼんぼちぼちぼち

楽しく遊べて何よりでやす!
それにしてもAmazon、早いでやすよね~
by ぼんぼちぼちぼち (2016-02-25 17:56) 

溺愛猫的女人

こんばんは

うちにも雪だるまバージョンがあります。
チラッと覗くお顔が可愛いんです(≧▽≦)
みんにゃが気に入ってくれて何よりですね。
by 溺愛猫的女人 (2016-02-25 20:23) 

ゆきち

ニャマゾンが定価販売とは・・・。
ホームセンターではかなり割引になってました^^;
確かにつくりが粗く、そのうちピンクの首輪がちぎれます。
(我が家のは修復済みです。)
寝たきり老人がほとんどいない国があるとか。
高齢などで終末期を迎えたら口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であるという認識があるそうです。
寝たきりになった父に胃ろうを作って5年間ベッドに縛り付けたこと、死なせてくれという言葉に耳を貸さなかった事、忘れることはありません。
by ゆきち (2016-02-25 20:42) 

まりりん

痛々しい事件ですね。
真っ当なコメを書く人が多くて安堵する私がいます。
でも、あのコメ見て涙が止まりません。
by まりりん (2016-02-25 21:43) 

讃岐人

猫の皆さん、大喜びですね。長老はさすが、冷静に観察なさっていますね。私も長老のようにどっしりと構えていたいものですが、まだまだ青いようで、何かあるとすぐ動揺してしまいます。

さて、警察はあくまでも建前上は証拠主義なので、憶測では話をしないのは仕方がないですね。
二人が共に過ごしてきた歳月、二人のきずなを思うと、これも自然なことであったと思います。
自らを罰するがごとくに食を絶った夫に対する輸液が、夫の死への強固な意思に勝てなかった事実が、人間の尊厳を知らしめているように思えました。

あくまでも推量でしかありませんし、私は死の向こうに何があるかは、死んだことがないのでわかりませんが、科学的事実といわゆる「信仰」とは異なることは全く差し支えないと私は思うので、二人は死を通して「帰る場所」に帰ろうとしていたように思いました。
by 讃岐人 (2016-02-26 09:38) 

えーちゃん

どっかで見た事あるな~?
と思ったら、こてつくんのと同じやつね(^^;
by えーちゃん (2016-02-26 10:53) 

MINERVA

中に入れるぬいぐるみ、可愛いですね。
もう少し自立出来れば良いのですが、そこは猫に合わせているのでしょう。
無理心中の事件、相談先の少なさと地域ごとの温度差が大きい事も問題だと思います。
by MINERVA (2016-02-26 15:11) 

yoriko

わぁーー!!楽しそうな縫いぐるみです
中に入っているふーちゃんが得意顔していますね
高価なニャンコちゃんへのプレゼントですね
我が家は段ボールハウスでちょっと可哀想だったかしら(><)

by yoriko (2016-02-26 16:47) 

みぃにゃん

もぐるみあったかいし遊べるし一石二鳥ですね。
これからの社会認知症の介護生活でストレスがますますたまっていきそうです。そのだんな様も相当のストレスと心身共に困憊されたいたのでしょうね。私も介護の仕事してるので四六時中ずっと面倒みている家族には頭がさがるおもいです。殺人罪はとってあげてほしい。ソウ思いますね。
by みぃにゃん (2016-02-26 18:37) 

green_blue_sky

猫たちが歓迎したのですね。
人気がありよかったですね。
利用してくれると、さらに笑顔になります(^_^;)
by green_blue_sky (2016-02-26 21:05) 

ojioji

mayuさま、コメントありがとうございます
外国へのばらまきについてはカネという点でぼくも疑問です。せめて物にしようよと。そもそも自律自助が国においても原則。援助なくして成り立たない国は国にあらず。アフリカの医療なども然り。京都府峰山町出身の谷垣雄三医師こそ支援のあるべき姿。ニジェール共和国で援助に頼らない外科医療を現地で実践。ご夫人は現地で風土病にて逝去、埋葬。彼のモットーたる、お金のかからない医療、アフリカ現地に即した医療、共感至極。日本においても同様の形態の医療があるはず。少なくとも、現在の老人医療や介護体制は大きく道を逸れていると確信しています。死を自然の営みとして受け入れられない都市人の醜い悪足掻きを全国民に敷衍してほしくないものです。大迷惑。などということを、故國誠一氏と故あつおくんから感じました。

by ojioji (2016-02-27 20:37) 

ojioji

ぼんぼちぼちぼちさま、コメントありがとうございます
Amazonの流通革命、荷物を受取る度に驚きつつ複雑な思いです。そんなに早く届かなくて構わないのに。翌日、キャンセルしようと思う間もなく、発送済みのときもありました(^^;)。新幹線ひかり号以降、日本は生き急ぎ死に急いでいる感。

by ojioji (2016-02-27 20:37) 

ojioji

溺愛猫的女人さま、コメントありがとうございます
おお、もぐるみ仲間(=^・^=)、雪だるま、形態的に最適でしょうね。
わが家の猫たちは顔の窓に無関心で、お尻に穴ばかり執着しています(^^;)
by ojioji (2016-02-27 20:37) 

ojioji

ゆきちさま、コメントありがとうございます
自分でつくれないものについては、購入価格を受け入れる主義なので問題無いのですが、ボディがもう少し自立性があればなあと思います。ふーちゃんが毎日入っているので良しとします。
お父上のこと、襟を正して読ませていただきました。ご家族の数だけ介護・未取り方の数もあると思います。
ぼく自身は、人も猫も、口から食べられなく生ったらお迎えの時と迷いなく思っております。曾祖母がまさにそうでした。小学生の頃、夏休みのラジオ体操に出かける前に呼吸困難になり、戻ったときには息をしていませんでした。往診の医師が形だけの生理食塩水注射の後、臨終を告げたのを憶えています。昨秋逝ったみうめも食べられなくなって数日で逝きました。
by ojioji (2016-02-27 20:37) 

ojioji

まりりんさま、コメントありがとうございます
すみません、お父上がリハビリにがんばられているのに、配慮に欠ける記事になってしまいまして。
あくまで、ぼくの思いを表明しただけでして、すべてのご家族においてケース・バイ・ケースと思っております。
by ojioji (2016-02-27 20:38) 

ojioji

讃岐人さま、コメントありがとうございます
おっしゃるとおり、まさに人間の尊厳を知らしめている気がします。
報道からだけではわからないことが多すぎて云々すべきではないのかも知れませんが、ぼくの願望も混じえて紹介しました。
書いていただいた思いに共感します。
by ojioji (2016-02-27 20:38) 

ojioji

えーちゃんさま、コメントありがとうございます
そうなのです、こてつくんのところで拝見して即Amazonに注文したのでした。
by ojioji (2016-02-27 20:38) 

ojioji

MINERVAさま、コメントありがとうございます
なるほど、猫に合わせて柔軟なつくりにしてあるのかも知れませんね。
無理心中、報道からだけではわからないことも多いですが、老夫婦だけの世界を尊重してあげたいなと。
悲劇のように報道してほしくないなと思いました。
by ojioji (2016-02-27 20:38) 

ojioji

yorikoさま、コメントありがとうございます
いえいえ、段ボールハウスがいちばんかと。わが家にも段ボールハウスや監視塔が場所を占めています。Tシャツを被せるやつ、今度つくる予定です。
ふーちゃんの得意顔、わかりやすいですよね。彼女がいちばんしたたかな気がします。もぐるみまねきねこさん、ふーちゃんの魔の爪からいつまで無事でいることやらです。
by ojioji (2016-02-27 20:39) 

ojioji

みぃにゃんさま、コメントありがとうございます
介護のお仕事をされていらっしゃると、いろいろ思うところがおありでしょう。
ぼくの限られた見聞からですが、現代日本の寝たきり老人のかなりの方はご本人の生き甲斐や尊厳を感じられない状態で延命しているように思っています。
動物として自然に死なせてあげたいなあと。
少なくとも自分はそうしたいものです。
by ojioji (2016-02-27 20:39) 

ojioji

green_blue_skyさま、コメントありがとうございます
届いた日から毎日、主にふーちゃんですが、中に入ったり転がしたりして遊んでくれているので、LAPHROAIGクォータカスクの代わりになったと自分に言い聞かせております(^^;)
by ojioji (2016-02-27 20:39) 

あーちゃ

そうそう、こてつくんお気に入りのこれ
ojiojiさん買っちゃいましたかw

by あーちゃ (2016-02-27 21:34) 

ojioji

あーちゃさま、コメントありがとうございます
そうなんです、こてつくんのところで見て衝動買い(^^;)
きっかけが無いと買えないので、こてつくんに感謝(=^・^=)
あーちゃさまにてはVAIO早く届くて良いですね。
ご主人様にMacの良さも伝えてください。そもそもコマンドを入力しないでクリック操作とかwindowを開く作業環境とかGUIは、Windows登場前からMacでは当たり前の環境でした。もちろん、その元を辿ればアラン・ケイ氏たちのゼロックス社とかになるのでしょうが、それを大衆に広めたスティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックはアメリカ人の良き資質の象徴かと。日本の坂村健氏たちによるTRONプロジェクトが日米ハイテク摩擦の犠牲?で、後のガラパゴス・ケータイのような進化を遂げ損ねたのは残念です。
by ojioji (2016-02-28 20:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。