So-net無料ブログ作成

5にゃんズとワラビとタケノコと野焼き 2014-05-04投稿 [自然と農]

今朝は冷えていて猫たちの重さで5時起床。

脚の上にちゃとらんとアメメ、右脇にふーちゃん、左脇にノルくんとみうめちゃんで、身動きできず、帰郷以来、睡眠中はいつもエコノミークラス症候群=静脈血栓塞栓症気味です。

DSCF7801.jpg

この子たちに体中拘束されると、赤ちゃんの世話で寝られないお母さんの苦労が少しだけわかるような。


ところで、ブログの自己満足的おもしろさに目覚めてきました。

大昔は本を出すのが夢だった時代もあったけど、今日、自分語りの本を出しても費用はかかり読む人は少なくでその気は無くなって、代わりに塾で壁新聞やアジテーションで言いたい放題してましたm(_ _)m

今回、ブログを始めたところ、読まれた方の声もメールですぐに届くし、誰にも読ませない内容の日記よりも後で読み直せる安全性(^_^)があるしで、自己満足度が高く、隠士のぼくには合っているなと。

ただ、猫路線で読者を増やしてゆくのか、農や自然を紹介するのか、ぼくの生き方や考えを伝えてゆくのか、まだ方向性が見えません。

ので当面、1日極力1テーマで自由に書いてゆきます。


あっ、読者として、生徒だった皆さんを想定していますので、大人の方や農家の方や一般の方が読まれると釈迦に説法だったり通じにくかったりするところありますが、気にしないでまいります。


今日は旬が終わろうとしている蕨ワラビと筍タケノコを。

DSCF8516.jpgDSCF8540.jpg

実家近くの蕨群生地。

ワラビは日当たりの良い土壌が撹乱された場所によく生えます。田畑をブルドーザーで造成した斜面とか、後で紹介する畦焼きや山火事の跡とか。

ご存じない方は山にワラビが自然に群生していると勘違いされてますが、自然に任せてたら笹やカヤや葛などが繁茂して日当たりがわるくなりワラビは広がりません。


ワラビ狩りできるところはたいてい農家の方が草を刈って手入れをしているところ。

他所の方が田畑の畦や斜面のワラビを無断で採ってるのを農家の方は厳しく見ています。

実際、この時期、30分ほど収穫して出荷したら1,000円分くらいになる大切な農産物でもあるのです。


わらび狩りをしたい方は、土地主の了承をとってからにしましょう。どうぞどうぞという農家もあれば、困りますという農家もあるでしょう。


松茸やリンゴとかなら他所の山で無断で採って逮捕されても納得されますが、ワラビやゼンマイやコゴミなどの山菜は無断で他人の土地に入って平気で採る人がいるのでひつこく書きました。


そのワラビ、食べ頃を過ぎると、芽が広がり、さらに成長すると葉を開いてシダになってしまいます。新芽のシーズンがまもなく終わろうとしていて、もうシダになってるのもありました。

DSCF8518.jpg


DSCF8594.jpg

この写真のワラビは太くて長い極上ものです。45㎝もあるのは珍しいです。


ワラビよりも農産物か山菜か微妙なのが筍タケノコですが、京都は大原野・長岡京が日本を代表する筍の名産地で、タケノコ農家の方が竹林を一年中いかに大切に手入れしているかを皆さんご存じなので、筍を勝手に掘ってゆく人はいないですね。

DSCF8519.jpg

 

DSCF8591.jpg

美咲町の地元でも筍はおなじみで、物産センターという市場に4月下旬はたくさんの農家から筍が大量に出荷されてました。京都の塚原筍のようにブランド化されてはいないので、値段が安すぎ(;_;)


京都では、大枝塚原朝掘りたけのこの値段を検索してみると、

2kgが

並(ご自宅用)4855円、

中      5595円、

上      7704円、

極(白子) 10569円

と、牛肉並、さすがかぐや姫の降臨された土地だけありますが、こちら美咲町では京都の10分の1以下の値段です。立派なやつが1本150円とか200円とか、小さいの3本で150円(;_;)とか。農家の方も掘る手間が阿呆らしく、放置したり足で蹴飛ばして折ったり(竹藪が広がらないように)するときもあります。




火事!?

DSCF8520.jpg

田んぼの野焼きでした。畦や枯れ草を焼く田舎の風物詩。焼畑農業は社会科でも習いますよね。近頃は何も知らない方が消防署に電話することもあるとか。


京都市では消防署よりも警察にかける人のほうが多いと京都にいたときおまわりさんから聞きました。電話があると、大丈夫とわかっていても動かざるをえないとのこと。


ぼくが塾でゴミを焼却してたのなんてカワイイものでした。「焚き火どんどん」が大活躍。生徒たちから当時「ゴミをここで燃やしていいん?」と言われてましたが、良いに決まってます。自分たちの出したゴミは自分たちで始末するのが当たりまえ。始末できない瓶とか缶とかを行政に頼むのです、そのために税金を納めてるのです。もちろん、消防署と警察にも一声かけた上で、数年間は燃えるゴミは全て塾で焼却してました。

念のため、Reduce、Reuse、Recycleの3Rではなくて、Reduce、Reuseの2Rをモットーに、ゴミはつくらないのがイチバンを強く呼びかけます。


そのためには要らない物を買わない、貰わないです。

そのためには購買欲を惹起する宣伝CMに触れないことです。

つまり民間放送のTVを見ないことです。

そうすれば、モノに縛られない心穏やかで豊かな日々を送れるでしょう。

そして何も残さずに死んでゆけたら、世の中さらに平穏で和やかになるでしょう。


付記 なぜRecycleを削るかの理由は、Recycleの現状をぜひ詳しく調べてみてください。政治的・経済的に利用されている面が強すぎて、地球温暖化を問題化しすぎている問題とよく似ています。また、環境破壊型のRecycleもあるのに、Recycleは無条件にすばらしいということが前提になりすぎていると思います。


DSCF8527.jpg

彼は甥っ子で、実家に黄金週間で勤務地名古屋から帰省中で農作業の手伝い中、偉い。ぼくの当時は、手さぐりの自分探しが目的でトラクターで田畑を耕したりしてたのであって、農作業が目的ではありませんでした。甥っ子は完全に農家のお兄さんしてます。


DSCF8574.jpg

野焼きの翌日の写真。このような焼き畑した日当たりの良い斜面とかにワラビが広がります。



下の写真は隠し絵。

何が隠れてるかわかりますか。

DSCF8575.jpg

野焼き跡を翌日、散歩してたら、焼け残りの木の根っこか葛=カズラのようなものがあって、

近寄ってみると、

突然にょろにょろと。

ギャッ!と叫んでしまいました。

1.5メートルほどのこいつが、野焼きで日当たりの良くなった場所で日向ぼっこしてたのでした。姿を消す前にデジカメを取り出し決死のショットです。

先日、ワラビ折ってたときも、ワラビに夢中で手を伸ばした先にいるし、ぼくはこいつが大の苦手です。

草刈り中に手でつかんだりしたらと想像すると、田舎もいいことばかりじゃないです。



田舎暮らし ブログランキングへ


猫・多頭飼い ブログランキングへ 


明日は、京都からリクエストいただいてる美咲町の新緑を届けます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。