So-net無料ブログ作成

白猫大明神様と雨間の野菜たち 2014-06-08 [自然と農]

白招き猫大明神様の傍らに茶色い山が。
かつてそこにはお仕えするヘビが招き猫とリフォーム工事開始 2014-05-09投稿のようにとぐろを巻いていたはず。
DSCF9732.jpg

白招き猫大明神様にお仕えする身となったのは、

DSCF9733.jpg
ちょっと、身体大きくなりすぎ。
大明神様を落として壊したら許さんぞ!


3頭の暴れん坊ちゃとらん、ふーちゃん、アメメが廊下に居住するようになったので、彼らの乱暴に耐えられるように階段下を配置換え。壊されそうな物は別の場所に避難させました。
DSCF9731.jpg
階段下コーナー、隙間利用で便利なのですが、頭をぶつける危険が。
平らな天井に慣れてて、頭の上が斜めというのに対応できない身体。
住み始めて既に3度、頭をガツンとやってます。うち2度は痛みのあと気持ちわるくなって吐き気がして硬膜外出血を疑ったくらい。命に別状は無かったですが、かなり阿呆になりました。次にやったらヤバイので塾でもお馴染みのポスター(^O^)攻撃。写真より上にもう1枚あります。

ちなみにこの階段、とても急で、住み始めた頃、
降りる途中、下から四、五段目くらいから足を踏み外して(転落ではなく)墜落、
咄嗟に目に飛び込んだのは手招きする白猫大明神様、
縋るように白猫の身体をつかみ、
そのままタイルの土間に。
大明神様をタイルの土間に落としてはならぬ!
必死で下駄箱の上に据え置こうとしたのがよくて、
置き物が衝撃を吸収、
自分の身体がタイルの土間に転がったときには怪我一つしませんでした。
幸運を招く白猫大明神様、ありがたや。

そのホワイト・マッカレルタビーの
DSCF9725.jpg
ノルウェージャン・フォレスト・キャットのノルくん、お蔭様で特発性膀胱炎が快復したもようです。尿量も平常に戻り、表情や仕種も柔和になりました。


四季成り苺というノルくんたち避難と甦った廃屋 2014-06-04で紹介した苺の株を、梅雨の晴れ間に速攻で植え付けました。写真は庭池の畔に植えた株。土が浅く直ぐに岩盤なので畑から客土。半日陰の条件を辛うじて満たしているので何とか生育してくれよ。
DSCF9726.jpg
他の株も、リフォーム館の傍に植え付けたり、鉢のまま母屋の裏に設置したり。

雨間の野菜たちの嬉しそうなようすを。
上の写真がサラダ菜とサンチュ、下の写真はチシャ(サニーレタス)、生き生きとしていかにも滋養たっぷりの色。レタスをかじる塾猫コンビ 2014年5月2日投稿にて蘊蓄を傾けております。
DSCF9640.jpg

DSCF9641.jpg
あれからひと月あまり、雨上がりの葉ものたち 2014年4月30日投稿の写真にある12株が緑黄色野菜を毎日鱈腹供給し続けてくれています。当時は畑に苗だけが行儀よく植わっています。キャベツよりチシャのほうが大きかったとは。

そのキャベツくん、青虫のご馳走に。今日も雨間にモンシロチョウが3羽、キャベツの上で狂喜乱舞。頼むからぼくにも食わせてくれよ。
DSCF9642.jpg

下の写真は左が明日収穫予定の小蕪、真ん中と右が同じ時に蒔いた菠薐草。
DSCF9644.jpg
真ん中の条の菠薐草、小蕪の陰になって生育がとても遅れています。植物にとっての日光の大切さがよくわかる図。小蕪を抜いた後の真ん中の菠薐草がどうなるか見届けることにします。

DSCF9695.jpg
今日も収穫たっぷり。チシャやサンチュをたくさん食べられるメニューを紹介します。

たくさんのレタス類を適当にちぎり、
スライスした玉葱と、2〜3cmに切ったネギと
大きめのポリ袋に入れて軽く振り混ぜる
ポン酢とゴマ油とチューブの生姜と荏胡麻エゴマ(普通の胡麻でOK)とを入れて
さらに振り混ぜる。
しんなりが好きな人は袋が破れない程度に揉む

たったこれだけでいくらでも食べられます。生姜とゴマ油が不思議な効果。韮とか大蒜とか使うと強烈に旨い気がします。



ランキングをしばらく続けてみます、
見に来てくださった方のご協力をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

達也母

こんにちは。
お元気そうで何よりです。
楽しくブログ拝見させてもらってます。
昔はここかしこにあった風景が懐かしく。
便利な生活の中でヒトの五感はどんどん退化していきますね。
自然の営みの中に存在させてもらってるということも忘れてしまいます。
謙虚さを忘れてヒトはいつかは滅んでしまうのでしょうかね・・

おじませんせ、猫がお好きなのはヒトに媚びないからでしょうか?
猫の瞳の奥はヒトを寄せつけないものを感じます。余りにも未知で。
(私は犬が好きなもので)
by 達也母 (2014-06-09 11:39) 

ojioji

達也母さま、コメントありがとうございます。生者必滅会者定離、その過程にわたしたちは存在しているだけだと思えば、すべてが極楽(^O^)。すみません、隠退したもので好きなことほざいてます。ぼくも犬は大好きです。コロやチコやポチやジョンソンや子どもの頃の犬、今も覚えてます。猫とはお互い自分の都合で付き合える感じでしょうか。犬は、飼い主に忠実過ぎて、猫よりも心が通いすぎて、別れが辛いというのもあります。うまく言えないですが。こちらの生活が落ち着いたら犬を飼うかもしれません。山羊や兎や鶏も(^^;)
by ojioji (2014-06-09 19:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。