So-net無料ブログ作成

マハシャイ・マミオと桃太郎トマト\(^o^)/ 2014-07-22 [自然と農]

いきなり今朝の収穫たっぷり。
DSCF0810.jpg
露地栽培では難しい、
素人には敷居の高い、
ホームセンターが売れるからたくさん苗を確信犯で並べている、
あの桃太郎トマトが天然農法でも完熟(^^)
収穫しました\(^o^)/
DSCF0811.jpg
スーパーで見かけたら、どうっちゅうことのない、普通に5玉300円とかで売られているトマトでしょうが、ぼくには値千金、否、金銭で表せない価値。
一日、飾ってから生で齧ります。

あの日以来、主食を蒸し茹でジャガ(アサヒ軽金属のオールパン大、直径26cm、馬鈴薯ニシユタカの巨大さ!)にして5日^_^;。今のところ飽きることなく美味しくいただいております。体調面では、米のときよりも便の量が減りました。消化吸収が良いのでしょうか。特にスタミナ切れとかは無いです。
DSCF0815.jpg
子どもの頃、聞かされた話しで、ドイツ人は主食がポテトで、ビールを水代わりに子どもでも飲んでいるというのがあります。複数の大人から聞きました。
ぼくは今、ビールを どぶろくに代えてドイツ人の食生活をしているわけです。上野より遠くに、而も二時間弱しか行ったことの無いぼくが何と恰好良い。
あるいは、その話しをしてくれた大人が、十八歳未満は飲酒を禁ずるという日本の法律を余程お気に召さなかったのでしょう。
DSCF0817.jpg
布団シーツ、あれから思案の末、数日間隔で交換と自分で決めました。毎日は、犠牲にする時間が大きすぎる。それでも、数ヶ月間隔だったことを思えば大進歩です。猫を飼う前の酷いときは、数年間隔の頃もありました^^;、でも、何の不都合もありませんでした。初めから褐色系のシーツを使用していれば見た目もあまり変化無し、自分のにおいは芳い匂い、好いている女性なら短時間なら耐えられる^^;、
と綴りつつ、遠東航空103便墜落事故で亡くなられた向田邦子さまの愛猫マハシャイ・マミオ(高貴な♂シャム猫)とぼくとの共通項の多さに気づきました。
c0026824_189119.jpg
向田邦子さまはマミオについて、昨日のコメントに転載したように
「偏食(トビウオ)で、好色。内弁慶で小心者の照れ屋。甘ったれ。新しい物好きで体裁屋。嘘吐きで凝り性で怠け者。女房自慢で癇癪持ち。自信過剰で健忘症。医者嫌いの風呂嫌い。尊大で気まぐれでおっちょこちょい。切りがないから止めますが、貴男は男の中の男であります。私はそこに惚れているのです。」
と書き残されています。この20項目のうち16項目は瞬時に合致しました。残り4項目は△が3つと×が1つです。そうか、ぼくは殆ど男のなかの男だったのです。返す返すも邦子さまの死が悼まれます。

ちなみに、彼女の亡くなった事故、あの金賢姫の大韓航空機爆破事件とごっちゃになってました。正しくは遠東航空103便墜落事故でした。記憶とは、自分の脳で練り合わされて別のものに変わってしまうものですね、そして、それが自分にとっての真実になってしまう。だから、仕舞いこんで忘れてしまった物は、その人にとって存在しない物なのです。たとえお金でも。これが真理(^O^)

付録:猫飼いの方へのTips
猫トイレの前に猫砂が散らかるのを防ぐのに、マットとかの商品もありますが、わが家の方法を紹介。
DSCF0808.jpg
発泡酒とかの空き箱をカッターナイフで上下2つに分離して、写真のようにガムテープで補強、猫トイレの前にセットするだけです。ペットシーツは好みで。
わが家はアメメがよく汚すのでシーツを敷いてます。シーツにオシッコしてるときもありますが、それはそれで始末が楽。箱の下にシーツをガムテープで留めておくと、万が一の粗相のときも下に滲み出ません。一箱から2つ作れますのでお得。数週間で傷んだり汚れたら捨てるだけ、今は焼いてますが(^O^)。写真の右側は、爪研ぎではなくて予備のです。

DSCF7450.jpg
ぽこ「ぽこは女のなかの女よ」

おまえもマミオみたいに十六歳まで生きや。


それでは皆様、
あ 有難いなあ
し 幸せだなあ
た 楽しいなあ

読んでくださってありがとうございます
応援のクリックよろしくです(=^ω^=)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
1端末から1日1回有効だそうです



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 6

ニッキー

ご訪問&niceありがとうございます^^
桃太郎、ツヤツヤと輝いてとても美味しそうですねぇ^m^
どの野菜も瑞々しくてそのままガブリ♪といっちゃいたくなります(^.^)
ぽこちゃん、美猫さんですねぇ!(^^)!
by ニッキー (2014-07-22 22:13) 

ojioji

ニッキーさま、コメントありがとうございます。
実家猫ぽこにも伝えときます、喜ぶことと思います。
同じ多頭飼い同士、この夏も猫さまの奉仕に精出しましょう(^^)
by ojioji (2014-07-23 05:48) 

リチャード

 なつかしい向田邦子の写真。
むこうに見えるのは、彼女の好きな中川一政画伯の絵。
私も昔、彼女のエッセイは文庫本でよく読みました。
妹、和子の著作や、山口瞳、吉行淳之介の邦子関連本も。
彼女の話なら徹夜で話できますよ~。お酒があればですが~。
 向田邦子の魅力
1 昭和一ケタの女性のふつうの感性、常識的感覚の持ち主。それでいてピカリと光るものがある。そこがいい。文壇によくいる変わり者ではない。
2 私の母が昭和元年生まれで、昭和4年生まれの向田邦子の価値観、躾け、恥じらい、けじめのつけかたがいっしょです。しかも常識的な人だから、手の届く女性という気がしてわかりやすい。(常識的とは英知のあるという意味。口だけじゃない、料理も上手という意味です)。
3 とりたてて美人でもないが、絵になる人です。、溌剌とした魅力があるじゃありませんか。
4 影のある人。乳がんにかかり、丸山ワクチンを常用していました。死におびえる一面もあった。(私の前妻も乳がんの再発で亡くなりましたから、ちょっと重なります)。
彼女は、恋人がいました。カメラマンでちょっと身体障害があった。で彼女のいない時、将来に絶望してか、何かで、自殺をします。その遺体の第一発見者になります。これも尋常ならざる負の経験です。
ついでに・・
 三女の和子はよく本に登場しますが、次女は、一切出てこないですね。なぜだろうと考えます。不仲なのか、私生活のことは本に書いてくれるなと釘でもさしているのか・・
向田邦子の謎です。

今日もハイセツ、どうも、です。
by リチャード (2014-07-23 09:36) 

ojioji

おお、リチャードさまの中に向田邦子がいっぱい詰まっている、面白く勉強になりました、いつなりと出してください。
持って帰った本を探すと「父の詫び状」しか彼女の本は見当たらず、「ごはん」を読み返しました。「ごはん」と「字のないはがき」は教科書や中学入試問題でよく出題されたりで、出くわす度に新たな読書経験ができました。
次女のこと、確かに、子どもの頃の話しでも、いるのだけど脇役ばかりで喋ったり動いたりしてないですね、末の妹は目に浮かぶように書かれているのに。
亡くなられた前の奥様のこと、そうでしたか。このブログでは死について軽々に触れてますが、気に障られましたらご容赦を。
by ojioji (2014-07-23 12:39) 

愚石

ももも桃太郎が、、完熟!?
有り得へん!(^^;
と、まぁ遅すぎの反応ですが感嘆と賞賛拍手をば。
パチパチパチパチ。(^^;
で、やっぱり秘訣は石灰ですか?
by 愚石 (2014-07-23 21:34) 

ojioji

愚石さま、拍手感謝m(__)m
お久しぶりです。時間なくてそちらに参れずm(__)mと先に言い訳。
桃太郎、そうなんです、第一花房に2つならせてたうち1つは先日の豪雨の時、割れたのですが、もう一つがひび割れもなく。繁りすぎた葉っぱに守られて。もう一日置いとこうかとも思ったのですが、無事なうちに収穫。
秘訣は愛と情熱と信念です。
苦土石灰、おまじないで7月に入ってから追肥しました。

福岡正信氏の批判文章をいろいろ読んで、めげております。
農耕自体が反自然・自然破壊なのに、自然農法という矛盾。わかりつつ、かといって工業化万歳とはならないはずだと。
ぼくは米作りに手を出さない(土地が無いのもありますが)つもりなので、本当の自然農法の試行はしないままになるでしょう。
by ojioji (2014-07-23 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。