So-net無料ブログ作成

草刈りレポート、承認欲求の充足 2014-10-29 [自然と農]

まだ10月なのに、ついに最低気温4℃はキツい。
猫やぼくよりも野菜たちにとって。
空芯菜は断末魔の花を連日咲かせている。
トマトも熟れる前に駄目になるのが増えてきたので、
青いトマトのまま食すことになりそう。
「親の意見と茄子(ナスビ)の花は千に一つも徒(アダ)はない」と言うが、
その茄子の花が実になって3cmくらいで萎れるものが幾つか発生、徒もあり。
...etc.
農家ならとっくに抜いて、次の野菜を植えるのでしょうが、
天然農園では枯れるのを見届けてやります。

今日の収穫たっぷり。
DSCF3018.jpg
その庄屋大長茄子、大きなものはこの4本で終わり。
小さな茄子が幾つ大きくなれるか。
インゲンも取り残しを含めてこれだけ。枝葉は殆ど枯れている。
奥池畔で見つけた山芋の零余子。
昨日の宇宙芋の零余子が強烈だったので、小さく見えますが、かなり良型。
DSCF3017.jpg
空芯菜は次の収穫が最後になりそう。
来年もつくる。
DSCF3020.jpg
万願寺唐辛子の赤くなったのがひとつ。
まだ畑の木にはたくさん生っている。
トマトたちは早めに収穫。
熟れるのと並行して傷んで穴が開くものが増えてきた。

【草刈りレポート】
母屋と庭池の裏山の草刈りに3時間熱中。
帰郷以来、ずっと気になりつつ、手入れする場所が彼方此方あって、いちばん後回しになっていた。都会暮らしの感覚で住むと広大過ぎて、土地家屋の使い方が未だ要領を得ず。
京都時代の感覚ならば、庭池ひとつあるだけで、自然を満喫できる。
それが、庭池、畑池、奥池と。
天然農園の裏山に至っては、4日前に草刈りはしたものの、持て余し気味。

今日刈るのは、母屋と庭池の裏山斜面にある細長い段になった場所。
元は畑だったような地形。
DSCF3028.jpg
午後2時半、この笹薮の坂を刈って目的地へと。

DSCF3031.jpg
この笹や低木の生えた平らな段を、向こう端まで手刈りで進む。

DSCF3035.jpg
半分以上刈ったところ。
木は主に櫨の木と、あと名前のわからない雑木。
木は鋸で切った。

DSCF3037.jpg
行く手にはまだ分厚い笹薮が。

DSCF3039.jpg
ついに開通!
左手に残っている笹も刈らなくては。
突き当りには昔の穂木足保管小屋が見えます。

DSCF3045.jpg
5時を回って薄暗くなった頃、生け垣の際まで何とか刈れた。
かなり幅があるので、やはり畑だったのだろう。
梅、桜、李、柚子、ミカン...etc.気に入った木を植えたい。

草刈り、大変だけれど、実は面白い。
蛇に気をつけて眼の前を注視しつつ、回りの景色に目をやり、自分のペースで刈ってゆく。
刈った跡が一目瞭然。
ただ、草刈りの虚しさは、やがて草茫々に復すること。
賽ノ河原の石積みのようなところがある。
ということで、今日はカメラを持参して、達成の跡を残した。

昔の農家は毎年毎年、同じ苦労をしながら、それが形として残らないために、徒労感を抱いた人もいたのでは。そんな人にお勧めは、承認欲求を満たすために、自分の取り組み・成果を写真や記録に残すこと。
実際、ブログに農作業の様子を公開している方は、それだけで報われた気持ちになる(自己承認欲求の充足)と思う。コメントで労われたら苦労は吹き飛ぶ(他者承認欲求の充足)。
昔の農家のお嫁さんは、朝から晩まで農作業と家事とが当たり前で、労われることもなく、まさに「おしん」の世界。

われわれ(誰やねん)は周囲やネットなどにどしどし発信して達成感を味わい、自給の大切さ・農の面白さを都市生活者に伝えてゆきましょう。
田舎に暮らして、都市文明にどっぷり浸かるなど論外。
テレビ邪魔、流行無関心、思索必須、文化創造、生活謳歌を(^_^)v
などと、「ごちそうさん」推奨の昆布酒を久し振りに飲みつつm(__)m


それでは皆様、
あ 有難いなあ
し 幸せだなあ
た 楽しいなあ

都市生活者も食材の自給を楽しみましょう(^_^)v
お年寄りや社会不適合者(儂のこと)や生活保護受給世帯よ、
天然農法で幸せな自給自足の生活を(=^ω^=)
読んでくださってありがとうございますm(__)m
後日に読んでくださった方も応援のクリックをよろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 



nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 4

水郷楽人

おはようございます。寒くなってきましたね。我が菜園もそろそろナスは店終いとなりそうです。
by 水郷楽人 (2014-10-30 06:30) 

kontenten

先日は、エルの表情をお褒め頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
真ん丸な瞳の写真、鋭意挑戦中ですので、暫しお待ち下さい。
以前の写真ならありますが、折角なので新作が撮れるよう頑張ります。
 空芯菜、美味しそうですね(^^)
私が行くタイ料理のお店で、思いの外空芯菜炒めが出て来ます。
中国系のタイ人も多いので、その影響かも知れません。
by kontenten (2014-10-30 09:31) 

ojioji

水郷楽人さま、茄子が寒さにどこまで耐えるか見届けて見ようと思います。
冬の畑のイメージがなくて、また勉強させていただきます。
by ojioji (2014-10-30 23:55) 

ojioji

kontentenさま、パクチーといい空芯菜といい、そうか、タイ料理がぼくには合いそう。
正式なものは食べたことがなくて。
トムヤンクンもどきとか、確かに美味しかった。

そういえば、タイ製のとんでもないものを京都から。
ブログのネタにします。
by ojioji (2014-10-31 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。